【参加募集】街中を一緒に歩いてユニバーサルデザインを考えよう!

誰にでもやさしく住みやすい街づくりのために

ユニバーサルデザインとは、障がいのあるかただけでなく、お年寄りや外国人などすべての人が利用しやすいよう配慮して考えられた設計、デザインのことです。

しかし、街中の道路や設備などには、十分にユニバーサルデザインに配慮されていない部分があるのが実情です。これを改善していくには、市民のみなさん一人ひとりが考え、取り組んで行くことが大切です。

情報収集を通じたユニバーサルデザインの取り組み

「街中を一緒に歩いてユニバーサルデザインを考えよう」は、心のユニバーサルデザインを広めるために活動している「こまたす推進プロジェクト」が様々な団体と協働し、浜松市の街中におけるユニバーサルデザインの実情を調査・報告する活動です。

第1回は、2021年7月18日(日) 10:00(9:30受付開始)より、クリエイト浜松1Fふれあい広場にて行われます。

ただいま、この活動に賛同し協力してくれる学生を募集しています。詳細は、下記をご覧ください。

実施期間

2021年7月18日(日) ~ 2022年3月20日(日) の、各月の第3日曜日(8月は第4日曜日)に行う予定です。

*2021年7月18日、8月22日、9月19日、10月17日、11月21日、12月19日、2022年1月16日、2月20日、3月20日 の全9回

活動内容:調査とレポート作成

午前は、ゲストを招きユニバーサルデザインに関する研修・講演会を行います。

午後は、車いすの方やベビーカーを利用している方など当事者の方との交流をしながら街中での実地調査(写真撮影)、それを受けてのレポート作成を行います。

作成したレポートは浜松市の市民部UD・男女共同参画課へ提出します。

タイムスケジュール

9:30 受付開始

当日どなたでも参加できます。クリエート浜松 1F ふれあい広場にお越しください。

10:00~ 研修・講演会

毎回ゲストに来ていただき、ユニバーサルデザインに関する研修や講演をしていただきます。

第1回のゲストは、シトラスリボン運動を通じて心のユニバーサルデザインの大切さを歌っているシンガーソングライター、イ・ヨンボさんです。

12:00 昼食

13:00~ 実地調査・情報収集

車いすを利用している方など、当事者の方とともに調査を行うルートをグループごとに検討し、実際に街中を歩きます。

ユニバーサルデザインの観点から課題と思われるところを見つけて写真撮影し、記録します。

~17:00 レポート作成

実地調査で集めた写真や情報をもとに課題点や解決案をまとめ、パソコン(Excel)を使用してレポートを作成します。

作成したレポートは浜松市へ提供され、オープンデータの取り組みに役立てられます。

 

協力いただいている団体・学校

  • 浜松市市民協働センター ボランティアクエスト
  • 浜松学芸中学校・高等学校

お問合せ

当事業に関するお問い合わせは こまたす推進プロジェクト 佐藤 光春まで。

メール:comatasu0503@gmail.com

電話:070-5406-5263

浜松市市民協働センター
開館時間:9:00~21:30
休館日:
 年末年始(12/29~1/3)
施設に駐車場はありません。近隣の有料駐車場または公共交通機関をご利用ください。

関連リンク

子ども絵画展示中

\ はぁもにぃこども園
音の森こども園
 7/13~8/2 /